強くなる

で、どうするのか。ということは、武道家を志す人間にとって、非常に大切なことだと思っています

なんでもいいから、強くて、勝てばいい

それは、武道の本質とは、かけ離れていて、一時勝ったとしても、それは、人から応援されない、誰からも、必要とされない暴力に近いのかもしれません

1つ1つ考えて行けば、実は、答えは簡単で、喜ばれることと、憎まれることであれば、喜ばれる方がいい。

応援されることと、憎まれることであれば、応援される方がいい

とにかく、厳しく、強くなりさえすればいいという考え方は、20世紀に終わっています。

強くなることに、セットで、難行苦行があると

これ、完全に、嘘です

もちろん、練習は、しますけど、その時間は、自分の成長を感じられる、素晴らしい時間であるわけで

楽しい時間と言えるのかもしれません

そうして、強くなって、いかに地球に還元していけるのか

強い。だから、何、と言われるようでは、武道家を志す人間とは、言えないと考えています