言葉

私、時々、書いてますが、言霊の存在を信じております

というか、世の中、言葉通りにしかならないと思っております

若いころの実体験から、これは、真剣です

勝つと言えば、勝つし
負けると言えば、負けるし

もっというと、嬉しいと言えば、嬉しいし、悲しいと言えば、悲しいし

ちょっと、こんなフレーズを見つけましたんで紹介したいと思います
空手にも通じると思います

それでは、紹介します

親が子どもに勉強させようとして、「もっと勉強しなさい」と言ったならば、心では子供に対して「お前は勉強ができていない。努力をしていない。バカだ。」というようなマイナス言葉を投げ掛けているのです。だから、「勉強しなさい」と言えば言うほど、「勉強していない」というマイナスの言葉を、槍のように子どもに突き立てているのです。これでは子どもがいくら努力して勉強しようとしても、決してできるものではないのです。せっかく「勉強している」という善い芽を出して、育て上げようとしているのに、次から次へと出てくる芽を、片っ端から刈っているのですから、善い芽が成長して花開くまでにいたらないのです。親の無知から、子どもを不幸にしている一例です。

と、こうありました

私が言ってるわけでは、ございません

勉強にも、空手にも、すべてに、何か、上手く活用していただける方がいるのではと思い、インスピレーションで載せさせていただきました

皆様に幸せが訪れますように

感謝

ランキングに参加しています。本日もクリックよろしくお願いします。
人気ブログランキングへ

侑綱伝説開幕

DVD を見せていただきまして

これは大変なことになっております

思い返せば、あれは、入会三日目の出来事でした

四国ジュニア団体戦の三才代表で、無理矢理に出ていただいた子

中畑侑綱、その男であります

あの頃は、赤ちゃんの延長のような少年

お父さんの「どこでも行くで!」という男気発言で、入門三日目にして、四国ジュニア団体戦代表決定という流れだったわけです

その節はありがとうございました

さー、そんなかわいいかわいい侑綱が、全日本ジュニア初参戦

しかも、結果は、なななんと第三位入賞

全日本ランカー仲間入り

練習を見ていて、これは、いけるかもしれないと正直、思っておりました

ただ、DVD を見まして、本当に、まさか、これほどとはと

思わず、私、筆をとりました

まず、歴代幼年史上、間違いなくNo.1のストレートパンチの精度

私が、推奨し、もっとも得意とする杉原正康館長直伝のストレートパンチを幼年にして、マスターしつつある少年

そう、中畑侑綱であります

準決勝までの全試合、はっきり申しまして、そのパンチの精度は、全日本ジュニア全体を見渡しても、5本の指には入っております

全学年を見渡してもということです

私、空手界では、自分で言うのもなんですが、そこそこだと思います

その私が、ここまで言う

それで、十分伝わると勝手に信じております

ストレートパンチを起点にする攻撃

さらには、よく見て、絶妙に蹴りにつなぐ

純粋に強い

これが、幼年の試合かと

しかもね、負けた準決勝も、負けてないんです

その試合の寸評は、私が、思いっきり書くと物議を醸し出しそうなので、省きますが、あれ、下手したら優勝してたかもしれないと、真剣思います

これから、一年後、猛烈に楽しみです

さー、中畑侑綱伝説、幕開けであります

まだ、DVD 見せていただいていない皆様、宜しくお願い致します

元鳴、弥生ちゃん、琉星、真助、壮健、見ましたけど、勝てたねと

まっ、あんまり、気にしなさんな

ランキングに参加しています。本日もクリックよろしくお願いします。
人気ブログランキングへ