正道会館西日本大会

更新遅くなり、誠に申し訳ないです
正道会館西日本大会が、クリスマスに開催されました
入賞者発表します

小学一年

第3位、中畑翔大
小学三年

第3位、中畑侑綱
小学六年

第3位、中畑元鳴

一般軽中量

優勝、北口大翔
中畑三兄弟、大爆発でしたね

大翔も、久しぶりの試合でしたが、いい感じに動けてました
写真を、載せたいのですが、なぜか載せらません
翔大は、膝蹴りが、火を吹き出したら、ちょっと一年生とは思えないくらい強いですね

そこに精度の高いミドルがあって、今大会、文句なしの入賞だと思います
侑綱は、準決勝で、頭二つぶんは大きいであろう相手との試合でしたが、あの真っ向勝負は、かなり感動的でした。

素晴らしかったですね
元鳴は、このところ、一般部で作り上げているいぶし銀組手が、少し花開いてきた感じで、楽な試合はありませんでしたが、気合い入れてよくがんばりました
大翔は、作戦びたハマりな感じで、調子良さそうでした。文武両道の第一人者として、がんばってくれそうですね
ちなみに、白蓮会館の全関西大会では、児玉さんが、第3位に入賞してくれています。
皆さま、今年一年ありがとうございました

来年も、よろしくおねがいします

来年は、福地が、東京へ帰ったので、新極の無差別でも行こうかななんて、考えています

それぞれ、目標に向かってがんばりましょう

ランキングに参加しています。本日もクリックよろしくお願いします。
人気ブログランキングへ

いつでも変われる

たとえば、道でコケてしまうという事象があったとして
コケたときに、その原因に対して、批判めいたことを言う人もいれば、コケたことによって、成長することができたと言う人もいて、同じ事象であるにもかかわらず、人の捉え方は、千差万別

千差万別、文字には、千も万も入っているけれども、おきていることは、たった一つ

たった一つ
一つの事象を、まっすぐに捉えようと、歪んで捉えようと、そこには、結果があって
さらに、その結果に対しても、人は千差万別に捉えていくと

しかし、そもそも、起きていることは、たった一つで、それに対して、その人間の、捉え方で、良くも悪くもなる
でも、悪く捉えて、その人は、そのまま転げ落ちていくのかと言われると、実は、どこからでも、気づいたその瞬間がスタートになって、いくらでも、やり直せる

本日は、素晴らしい社長さんから、いいお話を、聴かせていただきました
ありがとうございます

ランキングに参加しています。本日もクリックよろしくお願いします。
人気ブログランキングへ