勝っても、負けても

勝つときもあれば、いくら、練習したって負ける時はある

負けたら、悔しくて、悲しくて、終わりですか?って言われたら、実は、何にも終わってなくて、むしろ、一回の負けが一体何だって言うんだってことに、気がつく

というより、負けたことによって、さらに強くなれるチャンスをもらってるわけで

負けは、自分へのかけがえのない財産

財産であるならば、そこに対して、感謝さえ、生まれてくる

何ごとも、信念もって、結果に対して、感謝をもって、自分を成長させてくれるすべての状況に、ありがたく、成長させていただくしかなくて

ななめから見てると、何も見えなくなって

悔しいとか、悲しいなんていう感情は、完全にななめから見てる感じで

全部、人間磨きで、ただ、自分にとっては、ありがたいだけ

強いから、偉いってのも、なくて

というか、強いと偉いは、ベクトル自体が、全然違うので

強いのは、ただ、強いだけ

それ以上でも、それ以下でもなく

実は、与えられてる環境が、ただ、素晴らしいだけ

ランキングに参加しています。本日もクリックよろしくお願いします。
人気ブログランキングへ